ガラスフィルム,窓 断熱,窓 フィルム,断熱 窓,窓 目隠し 防犯 窓 断熱フィルム

窓フィルム施行サービスフィルムのことなら何でもご相談下さい~フィルム工事㈱~ お見積もりは無料お気軽にお問い合わせ下さい月曜日~土曜日9:00~20:00 0422-90-5471
フィルム工事㈱トップページ フィルム工事㈱赤外線ページへ フィルム工事㈱紫外線ページ フィルム工事㈱価格表ページへ フィルム工事㈱フィルムページへ フィルム工事㈱施工実績ページへ フィルム工事㈱よくあるご質問ページへ フィルム工事㈱お問い合わせページへ フィルム工事㈱ご注文の流れページへ フィルム工事㈱会社概要ページへ
紫外線 シミ・紫外線 対策 方法・老化 紫外線イメージ 用途に合わせてフィルムをお選び下さい
マンション 窓 フィルム,uv 窓 フィルム,窓 フィルム 業者,紫外線の99%をカットします。
マンション 窓 フィルム,uv 窓 フィルム,窓 フィルム 業者,遮熱フィルム
目隠しフィルム
防犯フィルム
紫外線から室内を守りましょう
紫外線 対策 方法 紫外線から室内を守りましょう〰イメージ〰室内のフローリング・カーテン・家具等を変色・褪色させる紫外線をカットすることにより、褪色を抑えることができます。 褪色の原因として300~380nmの波長の紫外線が変色の原因の9割以上です。 この380nm以下の波長をカットすることにより、家具等の褪色を抑制できます。 ちょっと日の当たるところに放置された新聞紙などは、すぐに黄色になってしまいます。せっかくの高級なカーテン布地なども同様です。 室内に入る紫外線をカットして家具を守りましょう
紫外線の月別紫外線量
紫外線の月別紫外線量・紫外線 グラフ〰イメージ〰
UVA(紫外線A波)1年を通じて注意が必要です。4月~10月がピークですが、それ以外の月もピーク時の1/2以上の量があるため、1年を通してでの予防が望ましいです。 私たちが普段浴びている紫外線のほとんど、約90%以上は紫外線Aで、紫外線Aは1年中を通して、波長が長いため 気候、雨、くもりなどに関係なく地表に降り注いでいます。
UVB(紫外線B波)4月から徐々に増え始め、5月~8月がピークです。 近年オゾン層の破壊が進み地表にも少し届いており、紫外線Bに最も気をつけなければならない季節は夏場の晴天時です。この紫外線Bは紫外線Aと違い肌の表面までしか届きませんが、その有害性は紫外線Aの100~1000倍強いとされており、シミ、シワ、肌の乾燥などの美容に悪影響があるだけでなく、免疫力の低下、皮膚がん、白内障などの病気と深く関わっていることも分かっています
目に見えない紫外線のダメージ、意識していますか?
紫外線 シミ・目に見えない紫外線のダメージ意識していますか?〰イメージ〰 紫外線は、少量であれば私たちの体にとっては良いものですが、最近の地球環境はオゾン層の破壊・地球温暖化に加え、紫外線の量が多くなってきたため、室内にいても太陽の光で明るい場所にいれば身体に紫外線は受けているものです。必要以上に紫外線を浴びることは体にとってマイナスです。 一歩室内に入った時みなさんはどのように過ごしていますか? 紫外線対策を行っていくうえで、見落としがちなのがこの「無意識に浴びている」ということ。日常生活の中で紫外線から肌を100%守ることは無理とはいえ、受けるダメージを最小にしましょう。「目に見えないダメージ」に関しては、見えないだけについ軽視してしまいがちになってしまいますが 紫外線(UV)の影響がはっきりした最近では、いかにして紫外線から肌を守り、日焼けさせないようにするかを考えなければいけません。 アメリカやオーストラリアなどは紫外線に対する悪影響、有害性を早くから認識し、赤ちゃん、子供の頃からUVケアを徹底している国々に比べて日本は紫外線に対する意識、対策がかなり遅れているのが現状です 「ちょとくらいなら日焼けなら・・・」。この考えが将来のシミ・シワに繋がったり、皮膚ガンの発症率を高める可能性もあるので、自分たちで積極的に紫外線対策を行う必要があります。
紫外線を浴び続けると・・・
紫外線 シミ・紫外線 対策 方法・老化 紫外線イメージ 写真の男性は顔の右半分と左半分で肌の状態に大きな差があり、 明らかに顔の左側の方がしわや たるみが多く老化が進んでいます。 これは皮膚日射病といい、加齢と共に人の肌に現れるものです 顔の左側にだけ紫外線を浴び続けた理由は、この男性は現在69歳で元トラックドライバーであり、 長年運転席で顔の片面だけが太陽光にさらされ続けたため(紫外線・赤外線はガラスを通過します。) 男性は生涯のうちで一度も日焼け止めを塗ったことがないそうです。 年を重ねるごとに肌がたるみ、しわが増えていくのは、太陽光に含まれる紫外線A波(UVA)が肌の奥深くまで浸透し、肌のはりを保っているコラーゲンやエラスチンといった物質に影響を及ぼすためです。
太陽光と紫外線の関係
紫外線 シミ・紫外線 対策 方法・老化 紫外線
紫外線と病気
紫外線(UV)は人間にとって有害性が強く、お肌(皮膚)や健康に悪影響があると言われています。 主に皮膚がん、白内障、感染症(免疫力の低下)になりやすい事が分かっています。
皮膚ガン
紫外線を大量に浴びることによって最も危険なのが皮膚ガンへの影響です。 特に若いうちから紫外線を多く浴びると皮膚がん発症率が高くなるだけでなく、発症する年齢も早くなることが分かっています。
白内障
皮膚がん同様、紫外線B(UV-B)が原因と言われているのが失明の危険性もある『白内障』です。WHO(世界保健機関)によると、白内障の約20%は紫外線が原因だとされています。
しみ・しわ
紫外線を浴びるとメラノサイトという細胞が反応してメラニン色素が作られます。これがしみになります。紫外線が真皮に達すると肌を守り肌の水分を維持するコラーゲンやエラスチンにダメージを与えるので、肌は弾力を失いしわができます 20歳を過ぎたあたりから今まで浴びた紫外線が原因で「シミ・シワ」が出てくるようになるので、若いうちから紫外線対策をしておく必要があります。
急性傷害
紫外線で皮膚に炎症が起こり、真っ赤で痛い日焼け(サンバーン)として現れます。日光にあたって数時間後から赤くひりひりとした炎症が起こり、8時間から24 時間でピークとなり、 2、3日で消えて行きますが、あたりすぎたときは水ぶくれとなって皮がむけます
ニキビ
紫外線を浴びた皮脂(肌の油分)は酸化(老化の原因、活性酸素が発生)し、これが毛穴を塞ぐと、にきびの一歩手前、コメドができやすくなります。
皮膚の断面図 紫外線Aはお肌のハリ、弾力に大切なコラーゲン・エラスチン線維を切断します。紫外線Bは(皮膚がん・白内障など)はほとんどが紫外線Bが原因といわれています。 紫外線 シミ・紫外線 対策 方法・老化 紫外線
子供・赤ちゃんへの紫外線対策
子供は真っ黒に日焼けしているほうが健康的だと昔は誰もが思っていましたし、昔の母子健康手帳にも『日光浴のすすめ』という項目があるほど、日光浴は健康に良いと信じられてきました(1998年に母子健康手帳から日光浴の項目が削除されました。)しかし紫外線の悪影響(皮膚がん・白内障など)が徐々に分かってきたことから、紫外線対策(UVケア)先進国のオーストラリア、アメリカでは1980年代頃から、日本でも1990年代に入り、ようやく紫外線対策を積極的に行うようになってきました。日本でも1990年代に入り、ようやく紫外線対策を積極的に行うようになってきました。 特に皮膚癌発症率が高いオーストラリアでは、小学校で紫外線の悪影響について教え、国をあげて子供を紫外線から守るように徹底しているのです。 紫外線 シミ・紫外線 対策 方法・老化 紫外線イメージ
フィルムは紫外線の99%以上をカットします。
紫外線(UV)の人体影響度(=肌に紅班が現れる)基準評価で、数値が大きいほど紫外線の影響を防ぎます。 最高値は50+で、何もしない状態に対し時間的に50倍有利であるということです。 分かりやすくいうと、夏の太陽光の下で、皮膚が赤くなりはじめる時間を約50倍以上遅らせてくれるということです。 化粧品で言うとSPFに相当します。何も肌につけていない状態で15分間で日焼けする日差しを、UPF50表示の衣類を着用することにより、15分×50(UPF値)=約750分間(12時間30分間)まで浴び続けないと同様に日焼けしないことを示しています。
UPF(UltravioletProtectionFactor)とは、紫外線対策先進国のオーストラリアやアメリカなどで一般的に使われている紫外線防止指 数です。UPF値が高いほど日焼け防止効果が高く、UPF50以上はすべてUPF50+と表記され最高値です。
※数値は服の生地やその人の体質により異なりますので、参考としてお考え下さい。
※完全に日焼けを防止できるわけではありません。

UPFは3段階に分類されており
  • UPF40~50+:UVカット率95%以上
  • UPF25~39:UVカット率90%以上
  • UPF15~24:UVカット率85%以上
紫外線防止指数UPF50+紫外線を99%以上カット・紫外線 対策 方法・紫外線 シミ・老化 紫外線
▲ページトップへ
 
Copy right(c) フィルム工事㈱ All Right Reserved 東京都三鷹市井の頭1-6-27